フリートとノンフリートの意味

自動車保険の契約形態にフリートとノンフリートがあるのをご存知ですか?

 

自動車保険の証書などを見ると必ずどちらかの表示がされているのが一般的ですが、個人で自動車保険に入っている場合、ほとんどが「ノンフリート」と書かれているでしょう。

 

このフリートとノンフリートとは何かというと、Fleetという英語が意味する「艦隊」のように複数に自動車をまとめて自動車保険に加入することを言い、それ以外のものをノン・フリートというのです。

 

複数といっても2台3台ではなく10台以上、それも車検証の所有者と使用者が全て同一ということが条件となります。

 

所有者も使用者も全く同じ10台以上の車を持つという事は、よほどの大金持で車を集めるのが趣味な人以外は個人ではありえず、ほとんど場合、企業などがまとめて自動車保険の加入する時に使われるものです。

 

厳密には違いますが、フリート契約は法人向け、ノンフリートは個人向けという事になります。

 

企業がフリート契約を行うのはノンフリートよりも保険料が安いためですが、個人が車を数台持っている様な状態ではどう悩んでもフリート契約はできませんので、無駄なことは考えないほうがいいでしょう。

 

軽自動車 任意保険


inserted by FC2 system