精神科医療で働いて感じること

「精神科」と聞かされてどの様なイメージがあると思われますか?結構マイナスなイメージが強いのではないかと感じるのですが、実際はどの様に思われますか?

 

私も、精神科医療に関わる前では「怖い」と言うイメージや「閉鎖的」と言うようなイメージがあるのですが、実際に勤務するようになってからは一遍するものです。
そして、勤務するようになってからは独特な雰囲気があるようにも感じるものです。

 

ですが、一番に感じたのは「怖い」と言うのが全然感じられなくなっているのですが、これは患者さんの状態が落ち着いている事もあるからではないかと感じるものでした。
この精神科医療は独特な形にも思われるのかもしれませんが、慣れてしまう事で違和感は取れてしまうものでもあるかと感じるのです。

 

精神科は現代の世の中に対して需要が高まっているのではないかと思うのです。やはり「ストレス」に関係しているのではないのでしょうか?
この「ストレス」が蓄積されると身体や精神的にも様々な形で変化が出やすいとも言われております。

 

精神科はこれからが大切な時期でもないかと感じるものです。


inserted by FC2 system